台湾観光におすすめグルメ・台湾スイーツ編

台湾といえば、言わずと知れたスイーツ天国ですが、
最近は日本にも少しずつ台湾スイーツ専門店などができて、
日本にいながらにして、台湾旅行のひと時を堪能できるようになりましたね~

しかし、台湾スイーツはやはり本場台湾で食べていただくのが一番だと思いますので、
台湾観光の際に、ぜひ食べていただきたいスイーツを選んでみました!

 

台湾スイーツ おすすめ4選!

 

・愛玉子(オーギョーチ)
・豆花
・雪花冰
・タピオカミルクティー

 

愛玉子(オーギョーチ)

「愛玉子」

日本ではファミレスのバーミヤンが
「オーギョーチ」というネーミングで出しているので
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
愛玉子は愛玉(アイユー)という、
台湾にだけ自生する植物の種子から作ったゼリー状のデザートです。

愛玉ゼリー自体にはそれほど強い味がないので、
(強くはないけど、独特な味はする)
デザート専門店や夜市などでは
たいてい、「愛玉檸檬」という名前で、
青いレモン(多分台湾のライム?)とシロップをかけて売られています。

私がこの愛玉檸檬を初めて食べたのは、
大学生の時、やはり初めて台湾へ行った時で、
口の中にパラダイスが広がったのを今でも覚えています。
本当に、本当っに、オーギョーチを食べるためだけに
また台湾へ行きたいと思ったほどでした。

また、最近では愛玉エキスに含まれる
天然の「アルブチン」に注目が集まっているそうです。
ローカロリーでさっぱりの愛玉は、
水分代謝の改善や便秘解消が期待できる上に、
美白効果があることが最近発見されたそうです。

ということで、
台湾へ行かれた際に、食べていただきたいスイーツの一押しは、
台湾固有の植物から作られた、
台湾オリジナルのスイーツ代表である、
愛玉子(オーギョーチ)」です!

Sponsored Link

豆花

「豆花」と書いて、「トウファ」と読みます。
香港や中華圏でも食べられるスイーツですが、
台湾の豆花は何と言っても、トッピングがとても豊富なところが特徴的です。

定番の花生(煮たピーナッツ)をトッピングしただけのシンプルな豆花から
タピオカ、ハトムギ、白キクラゲ、緑豆、白玉、タロイモ団子など、
それはそれは、お店によって様々なトッピングが用意されていますので、
色々なお店で食べてみて、自分好みの豆花を見つけてみてください。

ちなみに、私は台湾へ行ったら
朝ごはんに豆花を食べるのがすごく好きです。へへへ。

 


↑台北駅2階のフードコートで食べた花生とが入った台湾では定番の豆花。

 

雪花冰

「雪花冰」はシュエホアビンと読みます。

台湾へ行かれたことのある方ならもうご存知だと思いますが、
よく台湾風かき氷なんて訳されることが多いデザートです。

ただ、日本のかき氷は水を凍らせただけの氷を削って、
シロップをかけたものですが、

雪花冰は抹茶、ミルク、フルーツなどの味をあらかじめつけたものを凍らせて、
その凍らせた氷を薄く削って作るので、
氷がシロップで溶けることはないし
(もちろん氷なので時間が経てば溶けますが)、
薄く削ることでふわふわの状態の氷を口の中に運ぶことができるんです!

 

もちろん、台湾には雪花冰だけではなく、
日本のかき氷に近いものありますが、
台湾デザートのすごいところは、
氷の上にさらに色々なトッピングがされていることです。

それこそお店ごとに競い合うように、
これでもかっ的なトッピングがされているので、
有名店だけなく、色々なお店を試してみて
ご自分のナンバーワンを見つけてみてくださいね!


↑杏仁が売りのデザート専門店、夏樹甜品の「杏仁豆腐雪花冰」
杏仁味の雪花冰にさらに杏仁豆腐がトッピングされてるんです!


↑台北へ行ったことある人の間では有名なお店「冰讃」の芒果雪花冰。
 
冰讃のはミルク味の雪花冰の上に新鮮なカットしたマンゴーがトッピングされています。
さらに私は手作りプリンをトッピングしてしまいました。

Sponsored Link

 

タピオカミルクティー

別に台湾へ行ったことない方でも、台湾に興味がなくても、
日本でコンビニなんかでも売られているので
タピオカミルクティーのことはご存知の方も多いと思います。

しかし! 台湾のタピオカミルクティーの魅力は
何と言っても台湾茶の美味しさだと私は思うのです。

もちろん、あのモチモチしたタピオカとのコラボも外せませんが、
台湾で飲んだタピオカミルクティーはお茶の味がしっかりと抽出されていて
とても味わい深かったのを覚えています。

さらに、本場台湾では
鉄観音茶ジャスミンティーなどお茶の種類も選べるんです。

ぜひ、好みのタピオカミルクティーを見つけてみてください。

 

以上、台湾スイーツのおすすめでした!
ぜひ、台湾で至福のひと時を味わって来てくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ