【香港・銅鑼灣】映画ファンにおすすめグルメ/ウォン・カーウァイ監督「花様年華」の金雀餐廳

ウォン・カーウァイ監督がこよなく愛する「金雀餐廳/Goldfinch Restaurant」

映画ファンには香港観光の際に訪れたくなってしまうスポットではないでしょうか。

 

ウォン・カーウァイ(王家衛)監督が

映画「花様年華」、そしてその続編「2046」の撮影に使用した

1962年創業の洋食屋さんでございます。

 

2015年に突如、

「あなたと2046年までは行かれません。
あなたと過ごした「美しい時(花様年華)」は幸せでした。」

という貼り紙を出して、突然閉店したかと思いきや、

2016年にちゃっかり新装開店いたしますた。 人騒がせな…

 

「花様年華」では、トニー・レオン(梁朝偉)とマギー・チャンが

ステーキを黙々と食べるシーンで、

「2046」では、トニー・レオンが執筆したり、

フェイ・ウォン(王菲)とスープを食べてるシーンで登場します。

Sonaさん(@songsona)がシェアした投稿

 

 

レトロな内装やほの暗い照明が

まるで映画中のような独特の雰囲気をかもし出していて

香港でも60年代の面影がそのまま残る数少ない生き残りでもあります。

 

お店には映画のポスターがいたるところに。

もうここ自体が映画のセットのよう…

@masachanpeがシェアした投稿

 

鳩のひな、若鶏、ラム、ダチョウ、マナガツオ、ロブスター・グリル、

さらには丸ごとのアワビまで、メニューは60年代から

独自のスタイルの洋食を提供し続けているそう。

 

商売上手な香港の方だけあって、

映画のタイトルをつけたメニューもあるのだ。

 

 

英語は通じないけど、気さくな店員さんが

写真を撮ってくれたりするところがまた◎。

 

★店舗情報★

店名:金雀餐廳 Goldfinch Restaurant Ltd
住所:中国香港銅鑼灣蘭芳道13-15號地下
   G/F., 13-15 Lan Fong Road, Causeway Bay
最寄駅:銅鑼灣駅 F1出口 徒歩3分くらい
営業時間:11:00am ~23:30pm(無休)
電話 : +852 2577 7981

 

洋食じゃなくて、中華料理を食したいという方にはこちらのグルメがオススメ↓

ブルース・リー「死亡遊戯」の南北飯店

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ