【台北】迪化街で食べたい朝食@民樂旗魚米粉湯

油化街に、米粉湯(ミーフェンタン)で有名なお店があるので、
麺好きな私としては、これはぜひ行かなくてはっ!
ということで、油化街に宿泊した機に行ってみました。

お店の名前は「民樂旗魚米粉湯(ミンラーチーユィミーフェンタン)」

朝から地元の人で賑わっているお店でした。
お持ち帰りする人もいれば、パッと食べてパッと帰る人もいたりと回転率のいいお店です。
お店といっても、オープンキッチンがあって、
道路にテーブルと椅子が並べられているだけのストリートフード的な小さな店舗です。

でも、こういう台湾の街角でよくみるお店が
実はすごく美味しくて穴場だったりするので、
外見だけで判断できないのが台湾の面白いところなんです。

米粉湯

ここのお店は店名からも分かる通り、
「米粉湯(=ビーフン・スープ)」で有名なお店です。

麺は素麺よりもちょっと太めの米から作った麺。

スープはカジキマグロからダシをとっているので、
さっぱり味のスープで、朝食にはもってこいの美味しいスープでした。
素朴でやさしい味が目覚めの胃にしみました。

Sponsored Link

付け合わせに炸紅燒肉

相席になったお客さんもたいてい注文しているので、
すぐに分かるかと思いますが、
「炸紅燒肉」という台湾の伝統的な料理も美味しかったです。
豚肉に衣をつけて油で揚げたもので、
千切りにした生姜がのっています。

民樂旗魚米粉湯への行き方

最寄駅はMRTの北門駅から歩いて7分くらい。

お店は永楽市場の向かい側にあります。
台北駅からもそれほど遠くないのでタクシーで行くのも一つの手でしょう。
その際は永楽市場の南側で降ろしてもらうといいと思います。

ちなみに私は迪化街から台北駅まで歩いてみましたが、
台北の街並みを散策できて楽しかったです。

まだそれほど暑くない早朝なら
散歩がてら歩いていって、
朝ごはんがてらに地元の人に混ざって食べるのも楽しいと思います。

ただ、お店は12時半を過ぎると、
オーナーが入れ替わって、別のお店になってしまいますので、
午前中に食べに行くことをお勧めします。

地図

店名:民樂旗魚米粉湯
住所:台北市民樂街3號
電話番号:ない
営業時間:6:00-12:30(売り切れたら閉店)
休業日:旧正月

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ