【台北・迪化街】読人館に宿泊して迪化街を満喫!

読人館(ドゥーレングァン)/讀人館 Readers’ House
迪化街の北側に位置する聨芸埕(リェンイーチョン)という、
話題のリノベーション建築の2階部分にあるホテルです。
その1階には台湾の食材を使用した洋食がいただける「孔雀Peacock Bistro」、
そして、ベーカリーカフェの「鹹花生Salt Peanuts」があります。

 

ガイドブックで見つけて以来、
一風変わったホテルや、インテリアがおしゃれなホテルが好きな私は
これはぜひ自分で見てみたい!と思い、台北へ行った際に泊まってみました。

Sponsored Link

読人館 予約の仕方

読人館には9室の部屋があるそうなのですが、
一部屋一部屋デザインが違うので、
お好みの部屋を指定して宿泊されるといいと思います。

 

今回、私は2連泊したので、
1日目はPenthouse Suite(ロフト付き) の壹一と、
2日目にDouble Roomの叁一の部屋に泊まってみました。

 

Penthouse Suiteのお部屋の方は部屋の中に簡易キッチンが付いていて、
外で買って来た果物を食べたりするのに重宝しました。

 

朝食付きの予約だったけれど、

到着後、1階にある「鹹花生 Salt Peanuts」と「孔雀Peacock Bistro」の
どちらでも使える300元分の値引券を宿泊数分もらいました。

お店の営業時間内ならいつでも使えるということなので、
私は朝食は近くにある夏樹甜品へ豆花を食べに行きました。

朝ごはんに豆花! あぁ、なんてシ・ア・ワ・セ〜

 

なので、値引券はカフェで手作りスイーツをまったり堪能したり、
ビストロで生野菜たっぷりのステーキに挑戦するのに活用しました。

 

さて、肝心の予約の仕方ですが、
2通りの方法があります。

1つ目は読人館のサイトから直接会員登録をして予約するやり方。

http://www.readers.tw/members

 

もう1は、台北ナビのサイトを通してするやり方です。

私は会員登録するのが面倒だったので台北ナビの方から予約しました。
ちゃんと部屋も指定できました。

http://www.taipeinavi.com/hotel/469/

 

Sponsored Link

読人館へのアクセス

最寄駅はMRT中和新蘆線の大橋頭駅から歩いて10分ほどなのですが、
荷物を持って、暑い台北の街を歩くのは無駄にエネルギーを消費してしまうので
タクシーで行くといいと思います。
台北駅からですと10分くらいで着きます。

ただ、台湾の友達と一緒に行った私でさえ、
運転手さんに台北市安西街42號という住所を伝えてもたどり着くのに一苦労でした。
というのも、安西街というのが裏通りで、あまりタクシーなどが通る道ではないからです。
ですので、タクシーの運転手さんに行き先を伝える時は
迪化街一段に面した「鹹花生 Salt Peanuts」の住所を伝えた方が分かりやすいと思います。

鹹花生 Salt Peanuts」の住所 : 台北市大同區迪化街一段195號

 

★読人館 Readers’ House 情報★

住所:台北市安西街42號
42, Anxi St., Taipei 103, Taiwan
電話番号:(02)2557-3197
URL : http://www.readers.tw/gallery

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ