2018/05/31

【バンコクホテル】カオサン付近の「バーン ノパウォン」の口コミと評判は? 宿泊料金についても

 

この記事を書いている人 - WRITER -
紅華(Benica)と申します。 海外旅行が大好きで、 今まで旅行した国は40数ヶ国。 フランス生活のおかげで、 日本社会に適合できなくなり、 40歳を目前にして 他人の価値観に左右されない生き方を模索中…

こんにちは!
旅の宿はとことんこだわり派の紅華です。

日本人の海外渡航先としてだけでなく、世界中の旅人の目的地としても大人気のバンコク。
そんなバンコクには何千という宿泊施設があって、
明確な目的を持たないと、どこに泊まっていいのか本当に迷ってしまいますよね〜

今回は、バックパッカーの聖地(今でも?)、カオサンロードへのアクセスもいいのに、
それでいて敷地内は閑静で、こんな家に住んでみたいな〜って思ってしまうような、
かわいいホテルを見つけたので、シェアしたいと思います。

Sponsored Link

植民地時代の住宅をリノベしたホテル「バーン ノパウォン(Baan Noppawong) 」

 

19世紀の植民地時代に建てられた住宅をリノベーションして、
素敵なプチホテルに蘇らせた、

 

バーン ノパウォン(Baan Noppawong)

 

門から、エントランスのバルコニー、共用部分のインテリアなど、
細部に至るまで、趣味の良さを感じられるホテルです。

敷地内には、木造2階建てのコロニアル式的な建物が2棟あって、
7部屋が客室になってます。

AsiaYoさん(@asiayo_fun)がシェアした投稿

コロニアル式建築好きな私にはたまらないホテルです。

客室も広さやインテリア、設備などが一部屋一部屋異なっているので、
予約の時にどの部屋にしようか、とっても迷ってしまうんです!
至福のひとときですね…はぁ〜♡

 

中庭で手作り朝食、気分は邸宅の主…♡

敷地の一番奥が、ウッドデッキの中庭になっていて、
朝食はそこでいただきます。

交通量の激しい大通りから1本入っただけなのに、
敷地内はビックリするくらい静かなんです。

特筆すべきは、中庭や窓の前などいたるところに植物が植えられていること。
バンコク市内のホテルで、この緑の多さはとても貴重です!

席に着くと、スタッフの方がどんな卵料理にするか、
コーヒーか紅茶かなど、注文を聞きに来てくれ、
自分はぼーっと待つのみ。

葉っぱを揺らす心地よい風や、
小鳥のさえずりを聞きながらいただく朝食は格別でした。
もう気分は、邸宅のあるじですね。

 

カオサンロードまで徒歩5分!観光にも便利な立地

このホテルの魅力は何と言っても、
徒歩5分くらいで、カオサンロードに行けることです。

夜、カオサン通りのバーで飲んだあと、
歩いて帰って来たい人にはかなり便利です。

また、カオサン通り以外にも、
徒歩圏内に、おしゃれなカフェや、美味しいビーガン・タイ料理のお店、
さらには、夜になるとローカルな屋台がいっぱい出る道があるので、
ちょっとしたナイトマーケットも手軽に体験できるんですよ。


☝︎近所にある、ヴィーガン・タイ料理屋にて


☝︎大通りに出ると、宝くじを売る一角があった

あまりにもゴミゴミしたナイトマーケットが苦手な人には
むしろおすすめかもしれません。

 

難点は古いため…

 

こんな素敵なホテルですが、
建物が古くて木造だからなのか、単なる構造上の問題なのか分かりませんが、
足音や水回りの音など、全体的に音が響くのが唯一の難点です。

しかし、ご安心を!

私が泊まった、2階のジュニアスイートの部屋は
足音や水音に悩まされるということはありませんでした。


☝︎窓だらけな2階のジュニアスイートの部屋。でも調和が取れてて素敵…

窓もいっぱいあるので(というか、窓だらけ)、
庭の木々も眺められるし、
何より、窓から差し込む日の光にうっとりできます。

私はここに2泊したのですが、

1泊目は、1階にあるフロント近くのデラックス・ツインルームに泊まりました。

ここは、隣の部屋のシャワーやトイレの音までまる聞こえでした。

 

なにはともあれ、
私はバンコクの定宿にしたい、お気に入りのホテルです。

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
紅華(Benica)と申します。 海外旅行が大好きで、 今まで旅行した国は40数ヶ国。 フランス生活のおかげで、 日本社会に適合できなくなり、 40歳を目前にして 他人の価値観に左右されない生き方を模索中…
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© タビビトの木 , 2018 All Rights Reserved.