2018/04/16

台北の迪化街でドライフルーツのお土産でおすすめを紹介!お店の場所はどこ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
紅華(Benica)と申します。 海外旅行が大好きで、 今まで旅行した国は40数ヶ国。 フランス生活のおかげで、 日本社会に適合できなくなり、 40歳を目前にして 他人の価値観に左右されない生き方を模索中…

台北でお土産を買うのにオススメの迪化街

 

台北で、最も古い問屋街として有名な、迪化街(ディーホアジエ/Dihua Jie)

ここは、ドライフルーツやきのこなどの乾物、漢方、布、カラスミなどの
高級食材を扱ったお店が軒を連ねる、台北きっての問屋街なんです。

Andy. 張家榮さん(@aviation_dreamy)がシェアした投稿


問屋街だから一般の人はお呼びでないのかというと、
そこは、さすが商売上手な台湾の人、
通りすがりの旅人にも、ちゃんと小分けにしたものを売ってくれます。

そんなことから、「迪化街」は
お土産選びにとっても便利で、いいものが見つかる場所なんです!

Sponsored Link

 

迪化街でドライフルーツを買うならUNITAI元太商行

 

もうしっかり台湾土産としての地位を築いたであろう
愛文マンゴーのドライフルーツは、
迪化街一段の通りに面した乾物屋さんだと、
色々なお店で売られていますが、

今回、私が友達へのお土産に買っていって、

とてもとても喜ばれたのが☟

青いレモン を完全に乾燥させたものです。

実は、台湾ではレモンといえば、ライムのような緑色のものを言うそうです。

 

そういえば、台湾スウィーツで有名な、愛玉子(オーギョーチ)
店頭で、よくライムのような色をしたレモンと一緒に容器に浸ってますよね。

Suzuさん(@su__san3)がシェアした投稿


さて、このドライレモンですが、私は、

Unitai元太商行
(元太蔘薬商行 禾慶食品公司☜看板にはこう書いてある

というお店で買いました。

台湾人の友達と迪化街一段の通りに面した乾物屋さんを物色していたら、
愛玉子(オーギョーチ)のタネを売っているお店を見つけまして。

「でも、阿里山で買ったのより高いね〜」なんて話していたら、

お店のお姉さんがこれお土産に最適と勧めてくれたのが、
この乾燥レモンだったんです。

 

お店では、マンゴーや半ナマに乾燥させたレモン(黄色の)や
他のドライフルーツは色々試食させてもらえたので
その場で自分好みの味を選ぶことができたのですが、

この青い乾燥レモンはそのまま食べるものではないし、
試飲もできなかったのですが、

お姉さんが
「私も毎日この乾燥レモンを入れたお茶を飲んでるのよ〜」というので
ものは試しに買っていってみたんです。

このお店にはマンゴーやレモン以外にも、
いちご、ドラゴンフルーツ、グアバなどと、色々なドライフルーツがありましたが、

例えば、イチジクはトルコ産だったり、ナッツ類もアメリカ産やインド産だったり
色々な国から輸入したものも扱っていました。

問屋だから当たり前か…

そこで、一番台湾らしいお土産ということで、
愛文マンゴー、グアバ、ドラゴンフルーツのドライフルーツと、

このドライレモンを友達にも買って帰ったのですが、
なぜか、このドライレモンの受けが一番良かったっていう話です。

 

ドライレモンの使い方

Sponsored Link

では、買って帰ったドライレモンを使って、
実際試してみた、いけてる使い方をお伝えしたいと思います。

 

レモン水を作るのにGOOD〜!

 

この乾燥レモンを お湯の中に入れて 飲んでみたら、
1、2枚入れただけなのに、
レモンの香りや味もしっかり出ていて美味しいんです!

ものは試しにと、水に入れてみても、
お湯の時よりは抽出するのに時間がかかりますが、
それでも、レモンの爽やかな香りと味はしっかり出ました。

これはレモンがなくても、
レモン水レモネードが即席で作れてしまうということです! すごい!

 

はちみつを入れたら即席はちみつレモンやぁ〜

ドライレモンをお湯の中で抽出して、そこにハチミツを入れたら、
はちみつレモンが即席で作れてしまうんです!

 

お手軽スポーツドリンク、もしくは熱中症予防に

 

水筒に、水とこの乾燥レモンと岩塩を少し入れると
手作りのスポーツドリンク?ができて
ダンスレッスンや運動へよく行く私はとても重宝しています。

 

★店舗情報★

店名:元太蔘薬商行 禾慶食品公司
住所:台北市迪化街一段109号
電話番号:(02)2553-4291
営業時間:9:00~21:00

 

また台湾へ行った際にはいっぱい買って帰りたい、紅華でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
紅華(Benica)と申します。 海外旅行が大好きで、 今まで旅行した国は40数ヶ国。 フランス生活のおかげで、 日本社会に適合できなくなり、 40歳を目前にして 他人の価値観に左右されない生き方を模索中…
 

Copyright© タビビトの木 , 2017 All Rights Reserved.